【筋肉の種類】骨格筋・平滑筋・心筋

筋トレ

【筋肉の種類】骨格筋・平滑筋・心筋

骨格筋・平滑筋・心筋とはなに?

骨格筋・平滑筋・心筋

基本的に人間の体の筋肉は大きく分けて骨格筋、平滑筋、心筋とわけられます。



この3つの筋肉の違いや特徴を理解することによって、筋肉への興味がさらに深まり、筋肉マニアへとまた一歩近づくことでしょう。



ジムに行って筋トレをしている以上、体の筋肉の種類とその違いだけは知っておくべきでしょう。



スポーツ、筋トレをしている人を含め、殆どの人が言う筋肉とは骨格筋のことを指しているでしょう。



それ以外の筋肉の種類を知っておいても損にはならないはずです。


骨格筋

骨格筋―筋肉の種類

出典 http://ayus.yoga

骨格筋とは一般的に言われる筋肉です。横紋筋とも呼ばれます。骨と骨に繋がって、間接を動かす度に
収縮したり、意識的にコントロール出来る筋肉。これが骨格筋です。



ジムで鍛えて筋肥大を目指している人はまさに骨格筋をターゲットとして
トレーニングしていると言えるでしょう。


骨格筋の役割

1.意識下で関節・骨格を動かす(四肢・指・つま先・首・胴体 など)
2.意識下で表情を作る筋肉を動かす(笑顔を作ったり、眉をひそめる など)


骨格筋(こっかくきん、英: skeletal muscle)は、動物の筋肉の一分類であり、骨格を動かす筋肉を指す。ここではヒトの骨格筋について記す。
骨格筋は組織学的には横紋筋であり、内臓筋が平滑筋であるのと対照をなしている。ただし浅頭筋などにみられる皮筋や、舌や咽頭、横隔膜のような内臓筋の一部も骨格を支えているわけではないが、骨格筋組織である横紋筋である。

出典 http://ja.wikipedia.org

平滑筋(内臓筋)

平滑筋―筋肉の種類

出典 http://media1.britannica.com

平滑筋は骨格筋とは逆に自分の意思では動かすことができません。そのような筋肉を”不随意筋”と呼びます。不随意系神経(自分の意思以外の)により信号が伝わり、内臓器官を動かします。ですので、内臓によくみられるゆっくりとしたリズミカルな収縮運動が特徴になります。



骨格筋と比べて、柔軟性があります。伸び縮みしやすく、ゴムの様ともいえます。内臓以外にも胃や腸などの消化器や血管、気管などにも見られます。



ご飯を食べたときに喉を通して食堂まで運んで行ったり(蠕動運動)、寒い時に血管を収縮させたりするのも、この平滑筋です。


平滑筋の役割

1.消化器の蠕動運動を行う(食べ物を胃腸に沿って下方へ動かしていく。嘔吐させる など)
2.体外へ排泄物を出したりする
3.子宮を収縮させる(出産時)
4.血管を収縮、膨張させる


平滑筋(へいかつきん)とは、横紋筋とは違いサルコメア(筋節)のない筋肉のことである(アクチン・ミオシンは少量存在する)。血管、膀胱、子宮など、管状あるいは袋状器官では「壁」にみられる。また、消化管(胃・小腸・大腸など)では消化物を筋収縮により運ぶ役割を持つ。
抗平滑筋抗体(ASMA)は肝炎、肝硬変、狼瘡などの自己免疫疾患の徴候のことがある

出典 http://ja.wikipedia.org

心筋

心筋―筋肉の種類

出典 http://www.nagayoku.com

心筋は、その名前が示す通り、心臓に見られる筋肉です。



心筋は骨格筋と同じく横紋筋の分類に入ります。しかし自分の意思で収縮する事ができないという点では、平滑筋と同じ分類になります。つまり、骨格筋のような横紋筋の部類でありながら不随意筋の要素も含んでいます。ある意味、スーパー筋肉ともいえるでしょう。


なぜそのように、中途半端にどちらの部類にもはっきりと属していないかというと、心臓の他の筋肉との役割に徹底的な違いがあるからです。



心臓は骨格筋のように、素早く筋繊維が収縮する必要があります。それでありながら、内臓金の様に袋状の臓器をした筋肉でもあります。



しかし徹底的な違いは”寝いる時も、起きているときも血液を体中に送り出し続けなければいけない”といった所となります。勿論、心臓が止まってしまうと死をいみするので、かなり重要な臓器です。



このために、力ずよく収縮できる横紋筋が必要になり、その一方で無意識にでも規則正しい収縮運動を行える不随意筋でもある必要があるのです。



最後に、もう一つ。心臓は他の筋肉とはかけ離れた特徴があります。



それは神経からの信号伝達がなくても収縮を繰り返す事が出来ると言う事です。
それでも基本的に心筋は自律神経系と呼ばれるものにある程度コントロールされてはいます(緊張しているときは心拍数はあがり、リラックスしている時はさがりますよね)。



ですが心筋はペースメーカー細胞と呼ばれる細胞群の働きかけにより電気が作り出され心臓は自ら動くことが出来ます。要するに、脳から電気を送ってもらわなくても自分で勝手に電気を作って動くんです。



心臓、ヤバ過ぎます。かっこよすぎです。



骨格筋・平滑筋・心筋

出典 http://yakudatu-sokuhou.c.blog.so-net.ne.jp

心筋の役割

1.心臓壁の収縮・弛緩を無意識的に繰り返す(心臓がポンプのような役割になって血液を身体中に循環させる。よって酸素と栄養をを体中に送りとどける)。



心筋(しんきん)とは、心臓を構成する筋肉のことをいう。
心筋は、骨格筋と同じ横紋筋であるが、骨格筋は随意筋で多核の細胞でできているのに対して、心筋は単核(稀に2核)の細胞でできており、不随意筋である。また、ミトコンドリアが非常に多く存在しており、心筋が要求するエネルギーの大部分をまかなっている。心房には血圧と血流の制御に関連する心房性ナトリウム利尿ペプチドと呼ばれるペプチドホルモンを合成、分泌する心筋細胞が存在する。心筋細胞は介在板により結ばれ、心筋線維を形成する。心筋線維は静止時には細胞外に対して-50~-90mVの膜電位を有する。骨格筋の絶対不応期は1~3msecなのに対して、心筋の絶対不応期は200msecと長い。

出典 http://ja.wikipedia.org

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ