【コーヒー】カフェインのとり過ぎで、死にかけました。

栄養学

【コーヒー】カフェインのとり過ぎで、死にかけました。

コーヒーに含まれる、カフェインの覚醒効果については良く知られている事ですが、他にも私たちの体に与える作用のことをしっていますか?

この記事では、カフェインが身体に与える効果について説明していきます。

覚醒作用だけじゃなかった

アドレナリン

カフェインはアドレナリン の生産を高めます。カフェインを飲むとアドレナリンが体内で、もっと作られるわけです。

それがどうしたという事なのですが、アドレナリンは、とても強力なホルモンの一つになります。

アドレナリンは主に、心拍数を上げたり、血圧を上げたり、気管を広げたりする役割を果たします。

医学では「戦うか逃げるか反応」という言葉を使いますが、戦う反応の方になります。

カフェインを摂取することで、アドレナリンが増え、この様な「戦う反応」を体が起こすわけです。

ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがある。

出典 http://ja.wikipedia.org

ドーパミン

カフェインは、ドーパミンにも影響を与えます。

カフェインは、ドーパミンが脳の中へ再吸収されるのを防ぎます。結果、間接的に、ドーパミンの量が増えることになります。

ドーパミンは「快感や多幸感を得る」、「意欲を作ったり感じたりする」、「運動調節に関連する」といった機能を担う脳内ホルモンのひとつで、よく「快楽ホルモン」などと呼ばれたりします。

コカインなどの薬物を摂ると、脳の中ででは同じことが起きています。麻薬やコカイン、アンフェタミンなどの覚醒剤やタバコなどはドーパミンを増やす効果があります。

結果、脳から見るとタバコも、コーヒーも、覚醒剤も同じといえるでしょう。カフェイン中毒になってしまうのも、これが原因となります。

ただし、カフェインから得られる、ドーパミン効果は、覚せい剤ほど強いものではありませんので、ご心配なく...

ドーパミン(英: dopamine)は、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体でもある。運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる。

出典 http://ja.wikipedia.org

カフェイン取り過ぎは、死んじゃうの?

カフェイン コーヒー 効能

出典 http://livedoor.blogimg.jp

それでは、カフェインはどの位の量までなら摂っても大丈夫なのでしょうか。

体重1キロにつき、15mgのカフェインを摂ると、死に至るであろうと言われています。という事は、80キロの人(私し)で例えると、12000mgのカフェインを摂ると、死ぬかもしれません。(笑)笑えません。

コーヒー1杯、約150mgのカフェインが含まれているので、もし僕が、コーヒーを80杯、一度に飲んだ場合、死んでしまうかもしれません。


いかがでしょうか?

カフェインが身体に与える意外な効能、解ったのではないでしょうか。

コーヒーは健康面にも良い飲み物です。コーヒーが身体に与える影響を理解したうえで、スマートに、ほどほどに楽しみましょう!

LINE始めました。

筋トレ、栄養学、投資、人生、つぶやき、衣食住と好きかってに配信しています。

友達追加はここから↓

パソコンからご覧になっている方は@rha9479jで検索してみてください。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!